スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

本の紹介

 最近読んだ本の紹介です


French Revolutionary Infantry 1789-1802 (Men-at-Arms)French Revolutionary Infantry 1789-1802 (Men-at-Arms)
(2004/02/25)
Terry Crowdy

商品詳細を見る


 フランス革命戦争の戦列歩兵・軽歩兵の編成、歴史、軍装ついての本。オスプレイ社のメンアットアームズシリーズらしく特に軍装の解説とイラストに力が入っています。1789年から1802年のわずかな期間に的を絞ってますのでその分記述は詳細。姉妹編ともいえるNapoleon's Line InfantryとLIght Infantryではよくわからなかった初期の軍装について理解が深まりました。

Officers and Soldiers of the French Imperial Guard 1804-1815: The CavalryOfficers and Soldiers of the French Imperial Guard 1804-1815: The Cavalry
(2003/03)
Andre Jouineau、Jean-Marie Mongin 他

商品詳細を見る


 ナポレオンが誇る皇帝近衛隊の騎兵の軍装の図解。ほぼすべてのページがカラーイラストに占められており、資料としてのみならず見ていて飽きない本です。内容は軍服、ヘルメット、帽子からサーベルに銃、馬具に階級章と多岐にわたり、フランス軍騎兵の軍装に関しては最良の本のひとつと言えるのではないでしょうか。紹介されているのは騎馬擲弾兵、竜騎兵、騎馬猟兵で槍騎兵やマムルークはボリューム2の掲載になります。

スポンサーサイト
|トラックバック(0) |コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。