スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

大砲とスタンプ第一巻

 前々回の約束通り速水螺旋人氏の最新刊『大砲とスタンプ』のレビューです!


大砲とスタンプ(1) (モーニング KC)大砲とスタンプ(1) (モーニング KC)
(2011/12/22)
速水 螺旋人

商品詳細を見る


 <ストーリー>
 地球によく似た架空の世界。帝国と同盟を結び、共和国と戦火を交える大公国には輸送・兵站を主任務とする「兵站軍」が存在していた。決して前線に出る事の無い彼らは、陸海空軍の兵士達から紙の兵隊と呼ばれ、嘲笑の的であった。物語の主人公マルチナは、その兵站軍に所属する新米少尉。骨の髄まで兵站軍の官僚主義に染まり切った彼女はとにかく正規の手続き通りに仕事を進めねば気が済まない。そして口癖は「責任問題ですッ!」。そんな彼女にも、とうとう最前線近くのアゲゾコ要塞へと転属が決まる。初めての任地に気合いも新たに向かったマルチナであったが、転属先の補給厰管理部第二中隊は規定なんぞおかまい無しのイーカゲンなところで・・・?

 というのが『大砲とスタンプ』冒頭のおおよそのストーリーです。「やる気十分の新米将校が問題アリな部隊に配属される」というのは戦争ものドラマではしばしば目にする王道パターンですが、その配属先が戦闘部隊ではなくデスクワークが主任務の部隊というのはそうそうないのではないでしょうか。そうこれは何を隠そう「戦わない戦争マンガ」なのです!(いやじつはけっこう戦うんですが)広大無辺な日本マンガ界といえど、こんな設定の物語をそれも具体的な説得力を持って描ける作家はやはり螺旋人氏くらいのものでしょう。
 また物語の舞台は一応架空の世界ですが、螺旋人氏の「ロシア愛」は遺憾なく発揮されており、「大公国」は明らかにロシア(ソ連?)をモデルにしています。また敵国の「共和国」はトルコがモデルで、軍事マニアなら思わずにやりとするようなガジェットが現実世界から流用されています。
 がしかしなにより魅力的なのがこのオモチャ箱のような世界に住むキャラクターたちが非常に人間臭く、地に足の付いた生き方をしていること。特に私のお気に入りなのが管理部第二中隊副官のキリュシキン大尉。超名門の軍人一家に生まれながら日陰者の兵站軍に入隊し、仕事中には趣味のSF小説の執筆に熱中。基本怠けものだが書類の捏造には遺憾なくその才能を発揮されるお方。このキャラクター造形術というか引き出しの多さはなんというか尊敬の念を禁じ得ません。
 そして速水螺旋人氏といえばキテレツかつリアリティのあるメカデザインですが、『大砲とスタンプ』では各話ごとにおもしろカッコイイ螺旋人メカが登場し、1ページまるまる使った解説イラストが話の途中に挿入されます。そのメカというのもロケット臼砲戦車や移動要塞や炊事ヘリコプターや、た大して役立ちそうにも無い、それ故に愛くるしいものばかり。ちなみに個人的にツボだったのが第4話に登場する共和国遠征爆撃機「カラ・ムスタファ・パシャ」。今度イラストでも描いてみようかしら。
 いやーしかしこうも「自分が描きたいもの」が詰め込まれた感じがするマンガはそうそう読んだ事がありません。うらやましいというか、いつか自分もこういうマンガが描いてみたいというか、そんな気分にさせられます。いいマンガの条件って、読者を漫画家になりたいと思わせるマンガの事ではないかとこれを読んで思いました。
 というわけで『大砲とスタンプ』は今まで紹介したマンガの中でも最大級におすすめの作品ですので皆様ぜひお買い求め下さい。では。
スポンサーサイト
漫画 |トラックバック(0) |コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。