スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ソ連地上軍

生命の躍進分館本の紹介コーナーです。
 
ソ連地上軍―兵器と戦術のすべてソ連地上軍―兵器と戦術のすべて
(1987/01)
デービッド・C. イスビー

商品詳細を見る

 たいてい「~のすべて」と銘打たれた本は浅く広くがお決まりで、詳細な記述に乏しいのがほとんどですがこの本は例外です。読んで字のごとく「兵器と戦術のすべて」。1980年代のソ連の軍事ドクトリンからはじまり軍事組織の構成、配置、攻撃と防御戦術、戦車、自動車化歩兵、砲兵、偵察、防空、NBC、空挺など各種部隊の編成と装備について、分隊レベルで解説されています。
 またソ連地上軍という組織の性質についても述べられていて、かれらが非常に攻撃と短期決戦を重視していること、「言われた通りにやれ」が原則で下級指揮管の独創性が軽視されていることなどが鋭く指摘されています。
 少々アマゾンではお高いですが(一番安いやつは私が買ってしまいましたし)ソ連地上軍に興味がある方は買って全く損の無い一冊です。
スポンサーサイト
|トラックバック(0) |コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。