スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

大砲とスタンプ第一巻

 前々回の約束通り速水螺旋人氏の最新刊『大砲とスタンプ』のレビューです!


大砲とスタンプ(1) (モーニング KC)大砲とスタンプ(1) (モーニング KC)
(2011/12/22)
速水 螺旋人

商品詳細を見る


 <ストーリー>
 地球によく似た架空の世界。帝国と同盟を結び、共和国と戦火を交える大公国には輸送・兵站を主任務とする「兵站軍」が存在していた。決して前線に出る事の無い彼らは、陸海空軍の兵士達から紙の兵隊と呼ばれ、嘲笑の的であった。物語の主人公マルチナは、その兵站軍に所属する新米少尉。骨の髄まで兵站軍の官僚主義に染まり切った彼女はとにかく正規の手続き通りに仕事を進めねば気が済まない。そして口癖は「責任問題ですッ!」。そんな彼女にも、とうとう最前線近くのアゲゾコ要塞へと転属が決まる。初めての任地に気合いも新たに向かったマルチナであったが、転属先の補給厰管理部第二中隊は規定なんぞおかまい無しのイーカゲンなところで・・・?

 というのが『大砲とスタンプ』冒頭のおおよそのストーリーです。「やる気十分の新米将校が問題アリな部隊に配属される」というのは戦争ものドラマではしばしば目にする王道パターンですが、その配属先が戦闘部隊ではなくデスクワークが主任務の部隊というのはそうそうないのではないでしょうか。そうこれは何を隠そう「戦わない戦争マンガ」なのです!(いやじつはけっこう戦うんですが)広大無辺な日本マンガ界といえど、こんな設定の物語をそれも具体的な説得力を持って描ける作家はやはり螺旋人氏くらいのものでしょう。
 また物語の舞台は一応架空の世界ですが、螺旋人氏の「ロシア愛」は遺憾なく発揮されており、「大公国」は明らかにロシア(ソ連?)をモデルにしています。また敵国の「共和国」はトルコがモデルで、軍事マニアなら思わずにやりとするようなガジェットが現実世界から流用されています。
 がしかしなにより魅力的なのがこのオモチャ箱のような世界に住むキャラクターたちが非常に人間臭く、地に足の付いた生き方をしていること。特に私のお気に入りなのが管理部第二中隊副官のキリュシキン大尉。超名門の軍人一家に生まれながら日陰者の兵站軍に入隊し、仕事中には趣味のSF小説の執筆に熱中。基本怠けものだが書類の捏造には遺憾なくその才能を発揮されるお方。このキャラクター造形術というか引き出しの多さはなんというか尊敬の念を禁じ得ません。
 そして速水螺旋人氏といえばキテレツかつリアリティのあるメカデザインですが、『大砲とスタンプ』では各話ごとにおもしろカッコイイ螺旋人メカが登場し、1ページまるまる使った解説イラストが話の途中に挿入されます。そのメカというのもロケット臼砲戦車や移動要塞や炊事ヘリコプターや、た大して役立ちそうにも無い、それ故に愛くるしいものばかり。ちなみに個人的にツボだったのが第4話に登場する共和国遠征爆撃機「カラ・ムスタファ・パシャ」。今度イラストでも描いてみようかしら。
 いやーしかしこうも「自分が描きたいもの」が詰め込まれた感じがするマンガはそうそう読んだ事がありません。うらやましいというか、いつか自分もこういうマンガが描いてみたいというか、そんな気分にさせられます。いいマンガの条件って、読者を漫画家になりたいと思わせるマンガの事ではないかとこれを読んで思いました。
 というわけで『大砲とスタンプ』は今まで紹介したマンガの中でも最大級におすすめの作品ですので皆様ぜひお買い求め下さい。では。
スポンサーサイト
漫画 |トラックバック(0) |コメント(0)

靴ずれ戦線 魔女ワーシェンカの戦争

 「赤軍ウラー!!」(あいさつ) 
 
 しばらく大学の方の制作でヒマがなかったので更新が開いてしまいました。今回はマンガのご紹介ですよ~。

靴ずれ戦線 1 (リュウコミックス)靴ずれ戦線 1 (リュウコミックス)
(2011/12/13)
速水 螺旋人

商品詳細を見る

 わたくしが敬愛するイラストレーター速水螺旋人氏のマンガ、『靴ずれ戦線』です。氏は私のような偏屈軍事オタクの界隈では今や知らぬ者のいない(たぶん)ミリタリーものイラストレーターで、その緻密かつデフォルメされたメカ絵と斜め上方向にほとばしるウンチク、そして溢れ出るソ連への「愛」がその筋の人たちを魅了してやみません。長らくイラスト業界で活躍してこられた氏ですがついに今回初となるストーリーマンガの単行本が発売となりました。それがこの『靴ずれ戦線』というわけです。
 
 <ストーリー>
 時は1941年、ヒトラー率いるナチス・ドイツは不可侵条約を破りソヴィエト連邦へと侵攻、折しもスターリンの大粛正によって極度に弱体化していたソ連軍は敗走を重ねていった。人手不足も極まったソ連軍は魔法の力も味方につけようとNKVD将校ナージャを魔女バーバ・ヤガーのもとへと派遣する。彼女の説得には失敗したものの、代わりにその弟子ワーシェンカが従軍する事となる。かくして科学的共産主義者と魔女の凸凹コンビは一路ベルリンを目指して旅に出るのであった・・・。

 というのが話のおおまかな流れ。どうです、じつに螺旋人作品でしょう(笑)。ストーリーは基本的に一話完結型で、毎回このコンビが地獄の戦場でドタバタ騒動を巻き起こします。で、この二人にもまして作中で大きな役割を果たすのがロシアの民話や民間伝承の魔物、精霊、妖怪といった存在たちです。民家に巣食う「ドモヴォーイ」やロシア版サンタクロース「ジェド・マロース」、うるう年にあらわれる聖人の革を被った怪人「聖カシヤーン」などなど、おそらく大抵の日本人が(ロシア人以外が?)知らないユーモラスなキャラクターたちが次から次へと登場します。そんな彼らを自己流にアレンジし、東部戦線という舞台に見事にマッチさせた氏のストーリーテラーとしての力量には感服せざるを得ません。なんといいますか、「自分のものになってる」感じなんですよね。また戦争という人類最大級の悲劇を扱っていながらあまり湿っぽさはなく、これまた氏特有のドライでアイロニーの効いた空気が充満しています。これまたじつに私好みなところです
 そして!忘れてはならないのがなんとこの単行本には『靴ずれ戦線』開始前にコミックリュウで連載していた『螺子の囁き』が載っているのです!『螺子の囁き』は各1ページのイラストコラムで、氏が得意とするところのメカ解説ものです。そこで取り上げられているメカはというとMig-21やMi-8といったソ連兵器はもちろんのこと、20世紀特急や蒸気トラクター、ポルスキ・フィアットといった民間の乗り物、ライト兄弟以前の試作飛行機、はてはタイガー計算機や電気炊飯器といった生活アイテムまで、やはり斜め上方向に広大な氏の知識が存分にふるわれております。たった1ページの中に思わず目を留めずにはいられないかっこいいメカイラストに緻密な解説文、目に優しい女の子を見事に織り込むその構成力にはイラストレーター志望として思わず脱帽してしまいます。ただ『螺子の囁き』は『靴ずれ戦線』開始以降は連載してないようなので、多分2巻には載ってないのが残念なところです。
 さて、『靴ずれ戦線』第1巻ですが、物語は1941年に始まり、巻の最終話は1942年の話となります、若し仮に45年のベルリン陥落までやるとしたら完結はだいぶ先という事になりますね。二人の物語をまだまだ楽しめるとなると、今から第2巻の発売が待ち遠しいです。
 そして最後に、全国の螺旋人ファンにはうれしいことに、今月の下旬には氏がモーニング2で連載しているミリタリー法螺話『大砲とスタンプ』の第一巻が発売となります!こう立て続けに氏の本が出版されるなんて『馬車馬戦記』以来のファンとしてはうれしい限りです。無論もうすでにアマゾンでの予約は済ましてありますのでこちらも手に入り次第レビューを描かせていただきたいと思います。ではまた。
漫画 |トラックバック(0) |コメント(0)

軍靴のバルツァー

 最近買った漫画の紹介です。

軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS)軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS)
(2011/07/08)
中島 三千恒

商品詳細を見る

 <あらすじ>
 19世紀、欧州。軍事大国ヴァイセン陸軍のエリート、ベルント・バルツァー少佐は突如として隣国バーゼルラントへ軍事顧問として派遣されることとなる。彼の新たな任務は、士官学校の教官として少年達を<戦争屋>に育て上げることだった。しかしバーゼルラントは半世紀に及ぶ平和な時代が続き、軍事技術はまったく時代遅れになってしまっていた。バルツァー少佐は平和に馴れきった王国に内心呆れながらも軍備の近代化を進めようとする。しかし、徐々に生徒達との間に信頼関係が生まれてきた矢先、彼は王国第二王子と対立してしまう。そして王国内部には怪しげな陰謀の気配が・・・。

 舞台は統一前のドイツがモデルになったと思しき<架空の>19世紀ヨーロッパ。バルツァー少佐の祖国ヴァイセンはプロイセンが、バーゼルラントは当時無数に点在したドイツ系諸邦がモデルになっています。架空の世界を構築する場合、実在の国家や歴史がモデルになることさほど珍しいことではありません。例えばナチス・ドイツ→ジオン公国などは分かりやすい例です。しかし日本漫画史上、プロイセンとドイツ統一戦争がモデルになったのは初めての事ではないでしょうか。しかもこの漫画、士官学校が舞台で、電信、鉄道技術や、後装銃の発達、戦列歩兵の密集隊形から散兵戦術への進歩といったドイツ統一戦争における軍事史的要素についてこれでもかとクローズアップし、バルツァー少佐ではなくボルトアクションライフルが主人公といっても過言ではない程になっております。日本のミリオタの間でも普仏戦争あたりは空白地帯なのに、よくもまあこんなマニアックな連載に許可が下りたものだと我が国の漫画文化の奥深さに半ば感心し、半ば呆れた次第です。おそらくこれからビスマルクのような辣腕政治家が登場し、モルトケのような天才作戦家が登場するのでしょう(希望)。是非とも作品内において前線の兵器のみならず、参謀・兵站組織についても触れていただきたいものです。
 とはいえこの漫画、表現としてはあくまで日本の漫画に忠実です。主人公以下登場人物たちは髪型と髪の色でキャラクターを区別する典型的な日本漫画顔ですし、演出も少年漫画のテイストです。この日本の漫画的な突拍子の無さと軍事的なリアリティーをどう両立されるかはおそらく非常に難しい問題でしょう。実際かなり四苦八苦してる様子がみてとれます。また絵も少々荒削りな感じです。しかしそれでもなおこのテーマにあえて挑戦し、やってのけた作者の潜在能力は確かなものでしょう。作者の中島三千恒氏は本作が連載デビュー作だそうですので、これからの進歩におおいに期待が持てます。
 というわけで、この『軍靴のバルツァー』は個人的に大注目作品です。『皇国の守護者』があのような悲劇的な最後を迎えてしまった今、なんとしても作者の思うがままに最後まで描き切っていただきたいとおもいます。(ただ『皇国』もそうだったんですが、どちらも「戦列歩兵に散兵に対抗する」話なんですよね。個人的には戦列歩兵どうしのぶつかり合いが派手で好きなんですけど・・・。)
漫画 |トラックバック(0) |コメント(0)

乙嫁語り

 ひっさしぶりに本の紹介ですよ。
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
(2009/10/15)
森 薫

商品詳細を見る

乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)
(2010/06/15)
森 薫

商品詳細を見る


乙嫁語り(3) (ビームコミックス)乙嫁語り(3) (ビームコミックス)
(2011/06/15)
森 薫

商品詳細を見る

 今回ご紹介するのはこちら『エマ』で有名な森薫先生の新作『乙嫁語り』です。
 時は19世紀後半、カスピ海のほとりの村の12歳の少年カルルクのもとに20歳の花嫁アミルが嫁いで来る事
から物語は始まります。12、3歳で結婚するのが当たり前の時代、花婿より8歳も年上のアミルはかなり珍しい存在ですが、夫カルルクと周りの家族の温かな視線のもとで二人は愛を深めていきます。しかしその陰で二人を引き裂こうとする恐ろしい計画が・・・というのが1、2巻のストーリー。3巻では第二の乙嫁タラスが登場します。
 さて本作の主人公ともいえる花嫁アミルのキャラクターですが、遊牧民の血を引く彼女は乗馬と弓の達人で、狩りに料理と何でもできるまさに才色兼備のスーパーヒロイン。それでいて時に女性らしい弱さを垣間見せたりとじつに魅力的です。しかしながら夫のカルルクも心優しく思いやりがあり、それでいていざという時には人一倍勇敢で嫉妬する気が起きません(笑)
 また作中の心理描写も見事で特に物語序盤、初対面の二人が徐々に親密になっていく様子がカルルクの視線と表情だけで描写されます。他にもセリフを全く用いずに表情とコマの連続だけで心情を表現するシーンが多用されるのがこの作品の特徴で実に繊細です。
 さらに特筆すべきなのがやはり絵の見事さです。登場人物たちの身につける民族衣装やアクセサリー、家の飾る絨毯の刺繍、馬や羊などの動物、そして美しく荒涼とした山や砂漠がこれでもかとばかりに緻密に、かつ軽やかに描かれていて、よくまあストーリーと絵とこれだけの才能が一人の人物に同居したものだと関心してしまいます。
 そして最後にこの物語を傑作たらしめているのが「19世紀の中央アジア」がただの背景に終止していない点です。女性の結婚が一族の勢力拡大に利用され、家長の決定には逆らえないという現実がうまくストーリーに盛り込まれています。また話が進む毎にロシアの南下によって世相は徐々にキナ臭くなっていき、今後どんどんシリアスな方向にいってしまうのかなあと物語は若干の緊張感をはらんでいます。
 というわけで『乙嫁語り』おすすめです。(しかしなんでこう『ばら物語』といい私が好きになる漫画は発刊ペースが遅いのだろう)
漫画 |トラックバック(0) |コメント(0)

ばら物語

 この間とうとう第3巻が出たのでまとめてご紹介。

Tale of Rose Knight―ばら物語〈Vol.1〉Tale of Rose Knight―ばら物語〈Vol.1〉
(2008/01)
滝沢 聖峰

商品詳細を見る


Tale of Rose Knight~ばら物語 Vol.2Tale of Rose Knight~ばら物語 Vol.2
(2009/04)
滝沢 聖峰

商品詳細を見る


Tale of Rose Knight―ばら物語〈Vol.3〉Tale of Rose Knight―ばら物語〈Vol.3〉
(2011/03)
滝沢 聖峰

商品詳細を見る

<あらすじ> 16世紀、中世とも近世ともつかない時代ーイタリアは統一国家としての体をなしておらず、いくつもの小国に分断されていた。フランスはこの混乱を突き肥沃なロンバルディアを手中におさめるべく兵を進める。これに対しイタリア諸国は教皇のもとに団結し立ち向かう。そのイタリア軍の中核をなすセッシア騎士団を束ねるのは女騎士ロザリア。彼女は病床の父マンテガッツァ侯にかわって戦場に立つのであった。一方、ロザリアの生き別れの双子の妹ローザは傭兵に拾われ、砲術士となっていた。そして、とうとう二人は戦場で再開を果たす・・・。
 
 著者の滝沢聖峰氏といえば『帝都邀撃隊』や『撃墜王』などの硬派な航空戦史漫画で知られた方。それが16世紀のヨーロッパを舞台にした女騎士が主人公の物語を描くとは最初は少々驚きました。しかしこれがべらぼうに面白い。もっと早くこんな作風の漫画を描いて欲しかったと思ったほど。
 まず舞台設定が私好み。「中世とも近世ともつかない時代」である。軍隊は金次第の傭兵と騎士(騎兵ではない)が主力で、歩兵の装備は火縄銃と長槍、騎士は全身を鎧で包みランスで戦う。そして砲兵隊はマイスターとその弟子で構成される徒弟組織だ。軍隊をはじめ技術、社界制度が徐々に中世から脱皮しつつある混沌とした時代である。一応「当時のイタリアに限りなく近い架空世界」なのだが豊富な知識の裏付けなくしてこうも説得力のある世界は構築できないだろう。
 そして著者の抜群の画力で描かれる戦闘シーンがすばらしい。槍の穂先を揃えた歩兵同士の激突や、銃兵の一斉射撃、ド迫力の騎士の突撃など見所は満載だ。戦闘シーンが上手い漫画はこの世に腐るほどあるが「合戦」が上手い漫画はそうそうない。
 がしかしこの作品の見事な点はそうした見事な舞台構成のなかにキャラクターが埋没していないことだ。特に主人公ロザリアがじつに魅力的。絶世の美女にして類い稀な騎士。優雅にして冷徹な振る舞いはルカ中尉でなくとも虜になってしまうだろう。そしてその双子の妹のローザ。育ての親のマイスターから持てる限りの技術と知識を受け継いだ彼女は「石弾で1マイル先の蝋燭の火だけを吹き飛ばすドイツ一の黒術使い」である。他にも野心逞しい傭兵隊長カルッチなど魅力的な人物が出てくる。
 連載しているのが漫画雑誌ではなく模型誌なので今一つマイナーだがもっと有名なって欲しい作品です。しかし4巻がでるのはいつになるのか・・・。
漫画 |トラックバック(0) |コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。