スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

戦国合戦入門

今回ご紹介するのは戦国時代の本です。

戦国合戦入門―軍事学の視点から徹底分析 (歴史群像シリーズ 歴史群像アーカイブ VOL. 6)戦国合戦入門―軍事学の視点から徹底分析 (歴史群像シリーズ 歴史群像アーカイブ VOL. 6)
(2008/12)
不明

商品詳細を見る

 歴史群像アーカイブシリーズより第6弾「戦国合戦入門」です。この歴史群像アーカイブは、過去歴史群像に掲載された記事をテーマ毎に再構成したものです。そういったものは今まで「歴史群像シリーズ」や「新・歴史群像シリーズ」があったわけですが、それらは大抵一人の武将や、有名な合戦などを中心とした総合的な内容だったのに対し、「アーカイブ」はより的を絞ったものとなっています。
 「戦国合戦入門」は文字通り戦国時代の合戦における軍勢の構成、戦闘方法がテーマとなっており、記事は具体的で、戦国史関連の記事にありがちな著者個人の特定武将に対する個人的思い入れは極力排されています。
 さてこの本には20程の記事があるわけですが、その中でも私が目を見張ったのは久保田正志氏の「戦国槍隊戦術」と河合秀朗氏の「戦国鉄砲隊、前へ!」の記事です。前者は武士の用いた「持槍」と足軽の「数槍」も用途に着目したもので、特に戦国後期に槍足軽の減少と役割の変化についての考察は目からウロコといったものでした。
戦国時代の戦闘方法というと、まず鉄砲と弓矢で攻撃を加え、次に槍足軽の横隊が叩き合い、最終的に武士が突撃して雌雄を決するというのが有名な話です。そこに久保田氏は、戦国時代後期には槍足軽同士の戦闘は行われなくなり、火縄銃での銃撃戦→武士の突撃へと戦闘方法が変化した、と付け加えました。そして槍足軽は陣の後方へと移動して、その役割は指揮官の防御などの後衛的な任務になったというのです。確かに江戸時代中頃に成立した「雑兵物語」にも侍衆の戦いが終わったら槍足軽の出番という記述が見受けられます。その理由としては鉄砲の増加があげられますが、それと同時に槍足軽が戦力として頼りなかったから、ともいえます。同時代のヨーロッパでは団結心の強いスイス傭兵が古代ギリシアのファランクスの如き陣形を組んで敵陣を粉砕したわけなのですが、日本の槍兵にそのような芸当はできませんでした。彼ら雑兵の戦意はそう高くなく、せいぜい縦深が2、3列の横隊では強い衝力を発揮できません。そして何より、敵陣に突入し、粉砕するという危険で名誉ある任務は、武士のもの出なければなりませんでした。結局のところ、多くの大名たちの努力に関わらず、戦国の軍隊は封建制の軍隊であり、集団の勝利より個人の名誉が追求されたのです。戦後後期の槍足軽の変化は戦国時代の軍隊の限界を如実に示しています。
 次に河合氏の「戦国鉄砲隊、前へ!」ですが、これは戦国時代に置ける鉄砲の戦力化とそれに伴う陣形の変化を解説しています。戦国時代の軍隊は、現在の軍隊と違い、有力武将の下に地方の少領主の小規模な軍勢が寄り集まって構成されていました。そしていざ戦闘という段になっても、鉄砲足軽達は直属の少領主の指揮の下戦ったのです。つまり鉄砲出現初期の段階では鉄砲隊はせいぜいが数人程度の規模で、効果的な一斉射撃は不可能だったというのです。そこで大名達は鉄砲足軽たちの集中化に乗り出しました。少領主たちの指揮から鉄砲を引き離して、大規模な鉄砲隊に統合する。それはおそらくは大名の権限が強い旗本において行われ、次第に配下の武将たちに広まっていったと考えられます。戦国時代の鉄砲の利用は、ただ単に数が増えたというだけでなく、このように運用する体制側にも大きな変化があったのです。ただこの河合氏の記事ですが参考となる文献が示されておらず。頭から鵜呑みにはできません。ただ戦国時代の軍隊の構成と変化を考える上で、常に頭に入れておくべき重要な意見であると思います。
 この他にも「火縄銃のつくり方」「戦国火薬孝」など興味深い記事が満載で、戦国時代の「戦闘方法」に興味のある方には大変有意義な本であると思います。ただ(歴史群像にありがちなことに)なかには信用ならない記事もありますのでそこは読者の皆さんの懸命な判断力に期待するところです。
人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト
|トラックバック(0) |コメント(0)

戦闘図解

 本のご紹介、といっても今回は本屋で購入できるものではありません。

 著 杉本文太郎 校閲 佐藤信亮 博聞館発行 『戦闘図解』
 http://kindai.ndl.go.jp/BIBibDetail.php(左のURLから国会図書館のページに飛べます)

 この本は明治38年の4月、つまり奉天会戦と日本海海戦の間に発行されたもので、当時の日本陸軍の戦闘法についてイラストを交えて解説しています。歩・騎・砲兵の特徴から攻撃・防御・追撃・攻城・行軍・野営について記述されており、当時の戦闘を知る上では実に有意義です。校閲の佐藤信亮氏は陸軍歩兵大尉で説明は具体的、またひらがなで書かれており、漢字にはふりがながついて明治時代の書籍ですが非常に読みやすいです。
 最近『坂の上の雲』がドラマ化され世は空前の日露戦ブーム。あの戦争については今まで多くの書籍が発行されてきました。しかし、そのほとんどは戦争の歴史的意義や国家戦略等の大局的な視野から述べられたものがほとんどで、「戦術」について述べたものはほぼ皆無といってよかったでしょう。
 私は常々「あの戦争が東アジアの黄色人種が西洋列強の侵略をはねのけた輝かしい勝利であると同時に、軍部への過度な信頼と期待を醸成し、いわゆる「軍部の暴走」の土台となってしまったことは分かった。だが歩兵が射撃を開始するとき両隣の兵士とはどれくらい間隔が空いていたんだ?砲兵はどうやって照準したんだ?命令や情報はどうやって伝達したんだ?良きにしろ悪きにしろあの戦争は近代日本最大級の事件だったのに、なぜこんな事もわからないんだ?」と思い続けてきました。そこにこの本が答えてくれたわけです。
 当時の歩兵中隊は3個小隊で構成され、戦闘にあってはまず1個ないし2個小隊が1~2歩の間隔を空けた散兵線を構成し、のこりは100mほど後方に密集隊形を組んでそれを援護する・・・。無論この本でも分からないことはあって(というか分からない事の方がはるかに多いのですが)まだまだ調べたいとはあるのですが、とにかく当時の戦闘法について具体的なイメージをつかむことができました。
 日露戦争は戦車や戦闘機が「登場しない」最後の戦争であり、ナポレオン戦争のように巨大な密集隊形がぶつかり合うでもない、戦闘面ではいわば地味な戦争でした。同じような理由でクリミア戦争や普仏戦争もあまり人気がないようなきがします。しかしやはりこの時期の戦闘・戦術についても同じように光があてられるべきだと思うのです。 
|トラックバック(0) |コメント(0)

大砲の歴史

 今回ご紹介するのはこの本。

大砲の歴史大砲の歴史
(2004/10/01)
不明

商品詳細を見る

 内容は文字通り「大砲の歴史」。百年戦争から南北戦争までをカバーしています。本来城壁を破壊するための重くかさばる兵器だった大砲が、機動性を獲得し野戦で用いられるようになった過程や、親方と弟子で構成される徒弟制の砲兵部隊が近代的な軍事組織となっていった様子。またただの筒だった砲身が、どのようにライフリングを持つ精巧な構造となったのか。石を丸く削っただけの砲弾がいかにして信管を備えた高威力の兵器となったのか。それらが順を追って詳細に説明されています。
 また砲兵の射撃手順や火薬の成分・形状、砲身の厚さ、カノン砲、榴弾砲、臼砲といった各砲の特性なども具体的に述べられていて資料としての価値が大変高いです。
 イラストもふんだんにもちいられており、理解を助けてくれます。
 ところでこの本訳者の今津氏がボストンの古本屋で偶然見つけて翻訳・出版にこぎつけたもののようです。私ももっと英語が読めるようになったらそんなことをしてみたいなあ・・・。
|トラックバック(0) |コメント(0)

San Rafael

だんだんと書評ブログと化しつつある生命の躍進分館。今回も本の紹介です

San Rafael: A Central American City Through the AgesSan Rafael: A Central American City Through the Ages
(1992/10)
Xavier Hernandez、Ballonga 他

商品詳細を見る

中央アメリカの都市「サン・ラファエル」の歴史の緻密なイラスト図解です。紀元前1000年頃の密林の集落から始まり、ピラミッドの林立するマヤ文明の大都市となり、スペインの植民地を経て、近代的ビルとスラム街で構成された典型的中米都市となる20世紀後半までの歴史が網羅されています。本の構成は各年代毎の都市の俯瞰図と、その年代の建築や風俗を様々な視点で切り取ったイラスト集となっていて、私の愛する「眺めているだけで楽しい本」です。
 そして本書の最大の特徴はサン・ラファエルがいかなる地図にも登場しない架空の都市であるという点です。つまりは『雑想ノート』や『馬車馬大作戦』と同じ「ウソ歴史」というわけです。しかしサン・ラファエルの建築群や自然の描写は実に具体的かつ緻密で膨大な知識に裏付けられています。講談師見てきたような嘘をつきという諺がありますが例えばフィクションの架空世界でも読み手を納得させる重厚な世界を設定するには相応の知識が必要なわけです。
 本書は歴史や建築愛好家のみならず多分ファンタジー好きの方も楽しんでいただけるはずです。他にも色々とシリーズが出ているのでそちらもいずれは紹介していきたいです。(日本語版もあるのですが絶版のようでアマゾンでとんでもない値段になっています)
|トラックバック(0) |コメント(0)

ソ連地上軍

生命の躍進分館本の紹介コーナーです。
 
ソ連地上軍―兵器と戦術のすべてソ連地上軍―兵器と戦術のすべて
(1987/01)
デービッド・C. イスビー

商品詳細を見る

 たいてい「~のすべて」と銘打たれた本は浅く広くがお決まりで、詳細な記述に乏しいのがほとんどですがこの本は例外です。読んで字のごとく「兵器と戦術のすべて」。1980年代のソ連の軍事ドクトリンからはじまり軍事組織の構成、配置、攻撃と防御戦術、戦車、自動車化歩兵、砲兵、偵察、防空、NBC、空挺など各種部隊の編成と装備について、分隊レベルで解説されています。
 またソ連地上軍という組織の性質についても述べられていて、かれらが非常に攻撃と短期決戦を重視していること、「言われた通りにやれ」が原則で下級指揮管の独創性が軽視されていることなどが鋭く指摘されています。
 少々アマゾンではお高いですが(一番安いやつは私が買ってしまいましたし)ソ連地上軍に興味がある方は買って全く損の無い一冊です。
|トラックバック(0) |コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。