スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ヴォストーク1号

 pixivにイラストをアップしました。
vostok1.jpg
 来るコミティア101にて私の所属する武蔵野美術大学イラスト研究会が合同誌を発行します。今回制作したのは、その合同誌に投稿した「ヴォストーク1号」の図解イラストです。
 今から半世紀前、ソ連の宇宙船がガガーリン空軍少佐を乗せ、世界初となる有人宇宙飛行に出発しました。宇宙船は大気圏外の周回軌道を一周したあと無事に地球へと帰還し、人類の宇宙進出の一歩目となったのです。このおおいな偉業を成し遂げたのが「ヴォストーク1号」でした。この宇宙船は大気圏への再突入用耐熱カプセルと、逆噴射・姿勢制御用ロケットで構成されていて、再突入の際はその2つが分離し、カプセルだけが地球に帰還する仕組みになっていました。面白いのが大気圏に突入したあと、飛行士がカプセルに入った状態で着陸するのではなく、高度7,000mほどのところで戦闘機のように射出座席でパイロットが脱出し、そのままパイロットが自分自身のパラシュートで着陸する、という仕組みになっていたことです。当時の国際的な規定では、有人宇宙船と認定されるにはパイロットが宇宙船にのったまま着陸しなければならないことになっており、しばらくの間この事実は隠蔽されてきました。
 さて、ボストーク1号の成功からわずか数週間後、アメリカのマーキュリーが宇宙飛行に成功しました。ただしそれはヴォストークの場合と違い弾道飛行で、周回飛行はその9ヶ月後となりました。ソ連の場合いきなり周回飛行、しかもガガーリンの飛行前に失敗が相次いでおり、設計士は「成功率は50%程度」と考えていたそうです。打ち上げ前にチンパンジーで実験を重ねて万全を期したアメリカとは対照的で、この点の成果優先主義がソ連勝利の秘訣と言えるのかもしれません。
スポンサーサイト
イラスト |トラックバック(0) |コメント(3)

Bf109

 pixivにイラストをアップしました。
Bf109g5.jpg
pixiv
 ドイツ空軍第50戦闘飛行隊司令ヘルマン・グラーフ少佐のメッサーシュミットBf109です。機首の赤い塗装はエクスペルテンの象徴で、グラーフ少佐は史上初めて200機撃墜を果たしたエース中のエースでした。
 さて、じつは先日フランスのロマン・ユゴー氏の手によるバンド・デシネ『雲の彼方』と『ル・グラン・デューク』に感銘を受けまして早速まねしてみたのです。氏の著作に登場する飛行機達は実に繊細緻密に描かれていて、かつ構図も大胆で迫力があり、「自分もこんな飛行機が描きたい!」と強く思わせてくれます。いつもはラフな感じの図解イラストばっかり描いているのでたまにはこういうきっちりしたイラストを描くのは非常にいい刺激になりました。
イラスト |トラックバック(0) |コメント(0)

Ju252

pixivにイラストをアップしました。
ju252.jpg
pixiv
 Ju252は第二次大戦時にごく少数が生産されたドイツ空軍の輸送機です。本機は「ユモおばさん」ことJu52の後継機として開発され、三発機というおおまかなコンセプトはそのままに、降着装置を引き込み式にするなど大幅な近代化が図られました。特に注目すべきなのが、世界で初めて装備された「トラポクラッペ」と呼ばれる貨物積み込み用のローディングランプで、現在ほぼすべての軍用輸送機がこれを備えていることからも本機の設計の先進性が伺えるでしょう。しかし残念なことに、Ju252はその近代的な設計が災いして大変高価な機体になってしまいました。特にユモ211といった高性能のエンジンを輸送機に回す余裕はドイツ空軍にはなく、首脳部はJu252の設計を簡略化した廉価版の機体の開発を指示し、Ju252の生産はたった15機で打ち切られたのです。
 とまあ、その悲劇的な来歴といい、へんてこなシルエットといい、なんともマニア好みな機体なのでした。特に私が気に入っているのは機首のデザインで、なんだか「本来双発機だったのに、機首に無理矢理エンジンを増設した」ってな感じがたまりません。あとローディングランプを下ろすとそのまま尾部が持ち上がって機体が水平になるというのもなんとも強引でポイントが高いところでしょう。
 それはそうと廉価版のJu352なのですがネットで資料をあさってたところ、チェコのウィングマークと赤い星とつけた、おそらく民間機と思しき塗装の機体が映った写真を発見しました。多分鹵獲された機体を戦後使ったのでしょうが、詳しい事は不明。どなたか詳しい方がいたら教えて下さい。
イラスト |トラックバック(0) |コメント(0)

戦艦ポチョムキン

 pixivにイラストをアップしました。
potemkin.jpg
pixiv
 ずいぶん昔に描いた『博士の異常な愛情』に続くミリオタ視点映画コラム第二弾『戦艦ポチョムキン』です。1925年に製作されたサイレント映画で、「モンタージュ理論」と呼ばれる先進的な編集技法は後の映画に多大な影響を与えました。
 さて映画の舞台となる艦上ですが、撮影当時ポチョムキン(厳密にいうと戦艦ではなく艦隊装甲艦)は現存してはいたのですが、内戦中破壊されほぼ廃艦同然となっていたので、替わりに陸上に繋留されていた戦艦十二使徒が使われました。で、この戦艦十二使徒ですが、写真を見てみるとどうも映画と細部が違います。一番分かり易いのは砲塔の形状で、実物はドーム状をしていますが、映画では円筒形です。この砲塔、映画のほうをよく見てみると、どうもセット臭いというか、装甲の重量感を感じません。おそらく当時十二使徒の砲塔は取り外されていて、替わりにポチョムキンの形状に合わせた砲塔のセットが取り付けられたのでしょう。その証拠に、ポチョムキンが陸上を砲撃するシーンで、側砲が旋回するカットはあるのに主砲はまったく動きません。なんだか『明治天皇と日露大戦争』の戦艦三笠みたいですね。さらに興味深いのが艦橋で、十二使徒は砲塔の後に円盤状の露天艦橋がある設計なのに、映画ではポチョムキンそっくりの屋根付き艦橋になっています。映画の撮影は三ヶ月の突貫作業だったそうですが、このあたりにエイゼンシュテイン監督のこだわりを感じます。それとも当時ポチョムキンのデザインってロシア国民には常識だったのか?
 また軍事オタクとして見逃してはならないのが、映画のクライマックスでポチョムキンが黒海艦隊を迎え撃つべく戦闘準備を整えるシーン。側方用の揚弾エレベーターと、弾薬を運ぶためのレールが登場します。そのかっこよさといったら初めて見た時おもわず「うおおっ!?」と声が出てしまったほどです。陸に繋留されていた十二使徒のエレベーターが生きているとは思えないので、これが撮られたのは前述の十二使徒ではなく一隻撮影に使われた練習巡洋艦コミンテルンだと思います。
 しかしこうもふんだんに実物の前弩級艦の映像が出てくる映像作品ってそうそうないでしょうね。ポチョムキンの反乱が起こったのは日本海海戦とほぼ同時期ですので、当時の戦艦三笠の艦上もこんな感じだったのかなあと思うとちょっと感慨深いですね。というわけで、本作品はやれ革命の意義だのプロパガンダだのという以前にマニア垂涎の軍艦映画ですので、ぜひ画面の前の軍事オタクの方々はご覧になってみて下さい。とうの昔にパブリックドメインになっているので、ネットで簡単に前編が見られますよ!
イラスト |トラックバック(0) |コメント(0)

レドゥク プリンセス

 だいぶ更新が空いてしまいしまいました。どうにもブログの更新が億劫に思えてしまって・・・。しかしこれからは心機一転頻繁に更新していこうと思います。と言って逃げ道を塞いでおきます。
 では、まず先日pixivにアップしたこちらのイラストからご紹介します。
leduc.jpg
pixiv
 レドゥクはフランスの技師ルネ・レドゥクが開発した一連の搭載した試作戦闘機のことで、世界初のラムジェットエンジンを搭載した航空機でした。ラムジェットエンジンとはジェットエンジンの方式の一種で、通常のターボファンエンジンがタービンで空気を圧縮するのに対し、これはラム圧を利用して空気を圧縮します。つまり、エンジンに流れ込んでくる相対的な気流を利用するわけです。マッハ0.5くらいの速度で作動し、マッハ3~5で理想的なラム圧を得られます。利点はタービンが要らないのでエンジンの構造が簡素にできることですが、反面点火する際に初速がいる、つまり自力で発進できないという大きな欠点を抱えていました。そのため最初に設計された010やその次にの021(その間に010の翼端にターボファンエンジンをつけた016という機体があったらしい)は輸送機の背中から空中で切り離されて発進しました。
 しかしこの機体最大の特徴はなんといってもそのキテレツなデザインにあるでしょう。エンジンのノーズコーンにコクピットを設けた飛行機なんて、おそらく世界でもレドゥクシリーズだけだと思います。空気抵抗を削減するためとはいえ、前方視界は劣悪だったはずです。とくに010ではコクピットがインテークの中に入り込んでいるのですから!021や022も前方視界確保用と思われる小さなふくらみがありますが、根本的な解決にはならなかったでしょう。
 レドゥクシリーズの最終型になる022ではターボファンエンジンが内蔵され、自力で発進できるようになりましたが、フランス政府はミラージュ(もちろん自力で発進できる)を採用し、戦前から研究されていたレドゥクの開発は1958年に打ち切りとなりました。
 お次ぎはこちら。サンダース・ロー プリンセスです。
princess.jpg
 1952年に完成したプリンセスは、イギリスが開発した最大級の旅客飛行艇で、その巨大な機は7つの海を支配する大英帝国の誇りとなるはずでした。
 では、なぜそうならなかったのかというとプリンセスの「旅客飛行艇」というジャンルにあります。戦間期、旅客飛行艇は全盛を極めました。その理由としては、飛行艇は滑走路を必要としない事があげられます。旅客機は乗客と荷物を大量に乗せるため、機体は必然的に大型化します。そして大型な機体には、その分長く頑丈な滑走路が必要です。しかし戦間期には、そのような長い滑走路のある飛行場はそう多くはありませんでした。その点飛行艇は海が滑走路になるわけですから、大金をかけて飛行場を整備する必要がありません。またエンジンが故障してもいざとなれば海に着水できるので安全性も高いわけです。そうしたわけで、航空輸送といえば飛行艇という時代が長く続きました。プリンセスの開発がスタートしたのもそんな時期でした。
 しかし第二次世界大戦によって状況は大きく変わってしまいます。連合国は戦争に勝利するため、爆撃機や輸送機の開発に莫大な労力を注ぎ込みます。大型陸上機の技術は飛躍的に進歩し、またそれを運用するための広い飛行場が次々に整備されました。こうして飛行艇の利点は失われ、夜に離着水できないという欠点だけが残りました。 プリンセスはそうした時期に完成してしまいました。プリンセスは「旅客飛行艇」としては類い稀な性能を誇っていました。しかし時代はもはや陸上機のものへと移り変わっていたのです。おまけにプロテウスエンジンの出力が当初の計画より大幅に下回るというアクシデントに見舞われ計画は中止。3機作った試作機のうち飛行したのは1機だけ。いちおうモスボールしたものの最終的にはすべてスクラップ処分されました。
イラスト |トラックバック(0) |コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。